私のお気に入りの筆記用具。万年筆。

昔、高校の先生が何かの書類を書くとき、必ず万年筆を使っていらっしゃった。とても高そうだったので、「先生、その万年筆いくらするの?」と聞いてみると、ある高級ブランドの万年筆で20万円するとおっしゃった。値段にびっくりしたけれども、ペン先を丁寧に扱ってやれば、いつまでも使えるし、インク交換も慣れてくれば、汚すことはないと説明を受けた。高級感あふれるペン先にずっと憧れを持って貯金はしたけれど、ついつい洋服や化粧品や遊興費に使ってしまうので、高級ブランドの万年筆を飼うことはできずじまいだった。先日、子供の文具を買いにショッピングモールの文具店に立ち寄ると、万年筆が売られていた。しかも1000円未満で購入できて、インク交換もカートリッジが別売りされているので、非常に好評だという触れ込みだった。もちろん即購入。ドキドキしながら、カートリッジをセットして、試し書きをすると最初はうまく書けなかったけれど、ペン先に顔が彫られていたので、顔が見えるのが上とわかり、書けるようになった。やっぱり万年筆は味があってとてもいい。ボールペンとは使い心地がいいし、愛着がわいてきて、大切にしようと思う。
フリーズドライのお味噌汁は空知舎がおすすめだと思う